2015年04月06日

原町田のおもかげ

小田急線の町田駅ができるまで、町田駅は、
もう少し東側にあって、その名を「原町田駅」と言いました。

P1060570.JPG
LUMIX GF1

これは、さるびあ図書館のSLの横に、展示されている
原町田駅の駅名標です。
木製なのがいい感じですね。
でも、木製の上からプラスチックのプレートがあるのはなんでだろう。

原町田駅の駅名標は、町田駅近くにも保存されています。
P1060552.JPG
とある商店の敷地内に、うんと足が長くなって、
高いところにありました。いたずら防止なのかな?

1980年に小田急の町田駅ができるのにともなって、
少しだけ、場所を移し、駅名も「町田」になりました。
でも今も、地名は原町田が残っています。

おそらくこのあたりが原町田駅があったところ。
P1060554.JPG
原町田橋の陸橋より。

駅が動いたら、便利になる人と、遠くなってしまう人、
100mぐらいだけれど、生活には影響がありますよね。

最近、通勤時間を30分早めたのですが、これが、通勤ラッシュのピークで…
さらに30分早めたいと思うのですが、これがなかなか…
寝起きは動きが緩慢なので、家を出るまでに1時間半から2時間近くかかるaikoでした。


posted by aiko at 21:57| Comment(5) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
aikoさんこんにちは。
町田の歴史面白いですね。
昔、父から貰った鉄道地図に原町田と新原町田があって不思議だなぁ…と子供心に思ってたんですよ!
sumioも鉄道工事で何度か改札口を移籍したんですが、そのたびに地元から大反対を受けて、ノイローゼ気味になりました。。。
町田の再開発担当者の苦労が忍ばれます。
Posted by sumioC57 at 2015年04月08日 08:02
こんばんは、aikoさん(;^_^A

原町田の駅表示板残っていたんですね(^_-)-☆
昔の交通手段と言えば、馬ですね〜

今の仲木戸辺りから、人や荷物を載せてトコトコ丘陵地を越えて来ると、原町田辺りで
馬も、グロッキー(>.<)

元気な馬と交換して更に先に進む。

グロッキーの馬君はと言うと…食肉にされてしまう運命に…(T^T)

そんな歴史的背景があるせいか、今でも
町田には、良質な馬肉を提供する店が結構
残ってますね〜φ(.. )

横浜野毛の隠れグルメ、馬鹿鍋もその影響だとか…(;^_^A。馬君ゴメンナサイm(_ _)m
でも、馬鹿鍋美味しいですよ(;^_^A

横浜線の新型E233系も馴染んで来て、良かったです。
まだまだローカル線のイメージが残ってますが…宅地化が進んで、発展が期待される沿線ですね(リニヤ新幹線の関係も)
ボディ横のYOKOHAMA LINEの文字がJR東日本の期待の表れかなぁ〜(;^_^A

最近、寒いので…aikoさんもお身体、御自愛下さいませm(_ _)m
Posted by いちもんじたけと at 2015年04月11日 20:15
>SumioC57さん、
こんばんは。
改札の場所の移動は私どものようなサラリーマンにとっては、
毎日のことなので、一大事です。
でも移動ならまだしも、駅がなくなっちゃうってのは一番困りますよね。
高島町みたいな。
住民の怒りはどうなったんだろうなあ。

> たけとさん、
YOKOHAMA LINEが確かに誇りでしょうかね。
わざわざ入れているあたり。
「柿島」では何度かお馬さんを食べました。
火を通しすぎないのがポイントですね。
Posted by aiko at 2015年04月13日 00:06
こんにちは。
通りすがりに失礼します。

一枚目の写真ですが、木製とプラスチック製では「ふちのべ」と「なるせ」の位置が逆なので、それぞれ上り側用と下り側用の駅名標だったのではないでしょうか。
保存する際に木製の上からプラスチック製のを上から被せてしまったのではないかと推測します。
Posted by 通りすがり at 2018年11月11日 17:21
通りすがりさん、
コメントありがとうございます。きっとおっしゃる通りですね。なんで逆のものをわざわざ上からくっつけたんでしょうねぇ。。
Posted by aiko at 2018年11月20日 14:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。