2016年09月24日

台湾で活躍したSL/LDK58

さて、台湾の続きです。

台北駅に着いたaikoでした。
目指すは東口…

見えてきました、見えてきました。

P1080789.JPG
なんだか、子どものおもちゃみたいな塗装の客車です。

P1080798.JPG
鉄道車両を保存し展示する、という文化が世界中にあるというのが
おもしろいですねぇ。
この子は、日本統治時代に日本車両が作った台湾鉄道の蒸気機関車で、
LDK58さんです。

社歴によると、1923年に作られて台湾の花東線(これは通称名で、正しくは台東線というそうです)
で活躍していましたが、1982年に台湾鉄道が762ゲージから1,067ゲージに変わるのにともない、
引退したそうです。
その後しばらくは、澎湖(Penhu)という町の市民館?で展示されていましたが、
歴史的鉄道文化遺産を継承するために2000年の鉄道記念日(6月9日)から、
ここに飾られるようになったということです。
P1080795.JPG
英語の翻訳の方には書いてなかったけど、この鉄道の移譲には、
台湾鉄路管理局の、「引退前の社員たちの並ならぬ努力の末」、
という文言もありました(たぶん、漢字でだいたいわかった)。
やっぱり鉄道の保存を推進してくれるのは、鉄道好きのおじさんたちだ!

どうやらこの頃作られた蒸気機関車のいくつかは日本に渡っているそうで、
この子の兄弟が、どこぞに展示されているらしい。こうなると見に行きたくなってくるなあ。

いやはやしかし、それほどの青空でないので、涼しい顔でこのときを
思い出すことができますが、実際は湿気がすごくて暑いのなんの。
扇子片手にばしばしとSLを撮影していたら、3人組の可愛らしい女の子(たぶん台湾人)に、
英語で「写真撮ってもらえますか?」と頼まれて、駅舎をバックに写真を撮ってあげました。
こういうの、現地の人に頼まず、なぜわざわざ外国人に頼む?と思っていたら、
こないだ、横浜を歩いていたとき、日本人のおばちゃんと足の悪いおばあちゃんの二人組が、
男性に写真を撮ってくれとお願いしているところに遭遇。彼は、「僕は日本人じゃないよ」
と言っていたので、たぶん中国かどこかのアジア人なのですが、それでもかまわず、
押しきろうとする日本のおばちゃんパワー。おそるべし。

台湾の女の子たちはとってもかわいくて、台湾に旅行に来ている地方の子なのか、
これから3人でどこかに旅行に行くスタートの写真なのか、わかりませんが、
両手を広げて、体くねらせ、若者らしい楽しそうなポーズを決めてくれました。
私のカメラでも撮っちゃえばよかった^^
posted by aiko at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

浜松工場に潜入してきました 最後の車体上げ!

aikoは、あまりうなぎを食べない家庭で育ちました。
まあ、でもあんなもの小さい子どもに食べさせるもんでもないと
思っているのも確かであります。
家族とは食べないけれど、ときどき無性に食べたくなる、うなぎ。かばやき。

おいしいうなぎを食べるだけの目的で、浜松あたりに行くかなあ、
なんて言っていたら、ちょうどいい具合に浜松に行く理由ができた!

P1090075.JPG
ででーん。「空飛ぶ新幹線」でおなじみの、JR東海浜松工場
車体上げ作業(正確には、車体載せ作業とセットプラン)。
あいにくの不安定な気候ではありましたが、
この作業が工場の改修にともない、終了になるということで、
さよならイベントに行ってきました。

P1090062.JPG
おー、浮いてる浮いてる。

P1090087.JPG
ぷらぷらと空中移動するN700。

P1090083.JPG
やってきましたやってきました。
ベテラン作業員さん2名の連携プレーで機械を操縦するそうです。

P1090067.JPG
そいでもってこの台車に載せるのが、また熟練の技だとか。

いやはや、初めて見ましたが、これで見納めとは。
記事によると今日だけで8300人が訪れたそうです。
浜松駅から無料シャトルでピストン輸送してくれて、
イベント運営もひじょうに慣れた感じでした。
無料で遊ばせてもらいましたvv ありがとう東海。

P1090055.JPG
クレーンのないほかのエリアの工場の様子。
工場って、無駄なものがないクリーンさがいいですよね。
天井が高いのも好きです。

P1090029.JPG
今回約10年ぶりぐらいに訪れた浜松でした。
JRの駅も新しくなっており、でもちょっと商業施設とのつなぎ部分が
わかりにくい作りになっていました。
もともと街は、ほどよい規模で好きです。人の数もほどよいです。
やっぱり東京は異常だと思う、今日この頃。
なぜ自分は東京に住んでいるのか、たまたま生まれ育ってしまったからだと
思うに至る。
お城は、浜松城より掛川城の方がよいです。

うなぎは2回食べ較べました。
結論は、「高いものほどうまい。でもそこまで高い必要ある?」でした。
うなぎの量が少ないのは許せないので、1匹分は必須ですが、
2千円台出せば、まあ、いいんじゃないかしらと。
しばらくは質素な食生活を送って、体内をクリーンにしなくては。
posted by aiko at 20:27| Comment(3) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

台北のメトロで切符の代わりに使うものとは?

夏休み明けからジェットコースター的忙しさですねぇ。みなさんは?
あれだけ休んだから仕方ないものの、なぜか飲み会も続いて、
へとへとですー。そして睡眠もうまくとれず、慢性的におねむなaikoです。

さて、台湾の続き。

ほとんど旅の前のリサーチができずに台湾入りしちゃったので、
地下鉄にどーやって乗るんだ??ってところから、やや焦るaikoでした。
が、その不安も吹っ飛ぶ、超シンプルな券売機。
P1080748.JPG
小さいお金はちゃんと持っていた方がいいです。

P1080750.JPG
なんとなんとここでは、切符じゃなくて、プラスチックのコイン!!
ゲームみたい!
よくジーパンのぽっけに、ミニミニぽっけがついてますよね。
あそこにぴったり。
切符とコインだと、コインの方が紛失の可能性は低くなるのでしょうか。

P1080785.JPG
こんな感じでICカードのところにスキャンするとゲートが開きます。
これは出るときの写真で、そのときは、投入して回収されます。
1日に7回ぐらい乗車するなら一日乗り放題券(使い捨てICカード)
を買う方がお得です。2日目は、7回も乗らないとわかっていたけど、
楽チンなので、カードを買いました。
そういうのは、職員のいる窓口でしか買えないようでした。

P1080752.JPG
台北はとても人の数がほどよいという感じ。
これが普通なのか、夏休み時期だから少ないのか、初めてだったので
比較できないのですが、駅の中も、街中もこれぐらいの人の数だと
とても過ごし易いなあと思いました。
まったく、東京の人の多さたるや、異常ですね!

P1080757.JPG
ホームの人々を吸い込んで走り去るメトロ。

地下鉄の改札を入ると、構内はガムやアメも含め、飲食禁止。
だからか、とても清潔なメトロでした。
一度、現地の青年がよっぽどお腹がすいたのか、何か菓子パンのようなものを
こっそり袋から取り出しながらもぐもぐ頬張っていたら、
駅員じゃなくて、一般のおじさんに注意を受けていました。
き、きびしい!
aikoは電車に乗るときけっこう頻繁にガムをかんでいるので、
このルールをうっかり忘れるとたいへんです。

P1080811.JPG
台北駅に着きました。
ここぞ!というときに明朝体が使われるのがやっぱり中華圏だなあ。
台湾鉄道のロゴもなかなかいいです。
posted by aiko at 22:36| Comment(3) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする