2016年08月20日

SLがつなぐ鉄道の歴史

今週末でお盆休みが終了の方も多いですよね。
連休中はアクセスが良いので、なんとか力を振り絞って
今日、投稿したいと思います!

さて、aikoの夏休みは、久しぶりの海外遠征で、
これまた久しぶりの鉄分補給となりました。
P1080776.JPG

さて、こんなにも大切にガラスのお城に入れられて保存されている
蒸気機関車を見たことがあるでしょうか。
もちろん博物館などの施設内にあれば同じことなのでしょうが、
これは、この2機専用のお城ですよ。
中に入ることができないのがすごく残念ではありますが、
大事にされているということはよくわかりました。

向かって左は、台湾鉄道の蒸気機関車第一号、通称「騰雲」さんです。
P1080764.JPG
1887年にドイツで製造されて、同じ型の蒸気機関車「御風」さんとともに
台湾にやってきて、1888年から1924年まで台湾で走ったそうです。

P1080769.JPG
「騰雲」さんの後ろ姿です。
「騰雲」は、「山の上の雲」、「御風」は、「風に乗る」という意味だそうです。
日本でいえば、「義経」「弁慶」ですね。「御風」の方は、残念ながら廃車解体されています。

お隣に鎮座するのは、台湾鉄道の9号機関車です(奥)。
なんとこの子は、統治時代に日本から譲渡されてやってきました。
P1080765.JPG
約30 年ほどの日本での現役時代には、新橋横浜間を快走し、
ときにはお召し列車を牽引したこともあったとか?

P1080771.JPG
9号機の後ろ姿です。
この蒸気機関車は、イギリスのエイヴォンサイド社製で、
本来はこちらも姉妹で2機あったらしいのですが、うちの1機は
台湾への輸送途中で沈没してしまったそうです(日本では、6、7号機だったようです)。
この9号機は、そんな苦難も乗り越え、1925年に現役を終えるまで、さらに台湾で30年ほど走り、
今はここ台北の二二八和平公園で大切に保管されています。

イギリスで作られた蒸気機関車が、輸出されて日本で走り、
統治していた台湾に譲られ、100年近くも保管されているというのは
なんだか感動的でありました。
P1080767.JPG
これからも平和な街を見つめ続けてほしいです。

ところで、SLの黒色塗装で、日本の蒸気機関車はたいてい
ツヤ有り仕上げになっていると思いますが、
なんとなく海外のSLはマット仕上げが多いのかしら??
この2機も、騰雲さんはマット、9号さんはツヤと、あえて塗り分けてありました。
この違いをご存知の方がいましたら、おしえてくださいな。
個人的にはギラギラと輝くツヤ有り仕上げがお好き。
posted by aiko at 22:44| Comment(5) | SL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

二子玉川いさみやさん

本業&副業&遊びに邁進していたら、すっかり更新が
滞ってしまいました。
やはり生活の優先順位というものを如実に感じますね。

初夏の昼下がり、友人たちと二子玉川で集合。
彼らは鉄道好きではないのですが。

二子玉川というと、鉄道模型の「いさみや ロコワークス」が
有名なようですね。

IMG_2647.jpg
近代化著しい駅前とは打って変わって、昭和の風情。

IMG_2648.jpg
このとき、私のすでにアンティーク化したiPhoneしかなく
画像粗くてすみません。

IMG_2649.jpg
入り口。

IMG_2650.jpg
中を覗くと古い切符がたーくさん。

店員さんにお客さんがいろいろ相談しているようでした。
2階はHOゲージを走らせることのできるジオラマがあるそうです。

また今度ゆっくりのぞいてみたいと思います。

この日は、川沿いのビストロ「トキオプラージュ・ルナティック」
でしこたま飲みました。
ここは、一流フランス料理を、セルフサービスで簡略化することによって、
リーズナブルに提供するお店。

セレブなaikoとしては、外での食事は、ただおいしければいいというものではなく
そこでのゆったりとした時間を過ごすことも味と同じぐらい重要なので、
なんともいえなかったのですが、
大勢でわいわいと飲んで食べ、かなり長居しても気兼ねないのは
よかったですね。
屋上テラス席もあるようなので、秋などのいい気候のときに
またもう一度チャレンジしてみたいと思います。

来週は、久々の遠征予定なので、またこちらで報告しますね〜
お楽しみに!(いつUPできるかは…気長にお待ちください)
posted by aiko at 18:33| Comment(6) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする