2016年05月29日

港町の高架鉄道

仕事も私生活も落ち着かなくて、更新がままなりませんでした。
鉄道にも全然勤しむ余裕がなく…
やはり生活の基盤というのは大事だなあ、ということと
趣味というのは同時にいろいろできるものじゃない、
ということです。体が二つあったらいいのになあ、というやつです。

IMG_2563.jpg
これぐらいしかネタがなくて、申し訳ない。

行楽シーズン、ヨーロッパに行ってきましたよ。
IMG_2555.jpg
と言いたいところだけど、これはディズニーシーです。
運転士のお姉さんが手を振ってくれました。

ディズニーシーのハーバーからウォーターフロントまでの
景観はほんとうによくできています。
IMG_2557.jpg
海側を眺める席と、街並みを眺める席の、2回乗車してくださいね。
それぞれ違った味わいが堪能できます。
posted by aiko at 19:53| Comment(2) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

郷愁の平井駅

今年のGWは遠出をしないと言いました。

いつでも行けそうで行かない近場を訪れるの巻、第二弾。

P1080432.jpg
総武線の最もマイナーな駅として有名な(矛盾)平井駅に行ってきました。
これは駅の高架下。
昔はこんなに風情ある木造駅舎だったんですねぇ。

葛飾ほど下町でなく、ほかの総武線沿線の駅ほどごちゃごちゃしていなくて、
落ち着いた雰囲気。長くやっているお店も多いし、ちょっと歩くとすぐに住宅街。
ああ、私はこの駅に住みたいとさえ思いました。

P1080416.jpg
荒川の河川敷にポピーの花畑がありました。

P1080424.jpg
川沿いは風が強い。
5月はやっぱり気持ちがいいです。

P1080423.jpg
荒川を渡る総武快速。NEXもじゃんじゃん通過したので、aiko喜ぶの巻。

河川敷に行く前は、ワンモアという有名な喫茶店でパンケーキとフレンチトーストを食べました。
外に並んでるお客さんがいるのに、つっかつっかと入ってきて、定位置のカウンター席に
座った80代とおぼしきおばあちゃんが、さくさくスマホを使いこなしていた姿が
印象的でした。そんな街です、平井。

ワンモアを出たところで、制服を着た平井駅の駅員さんと思しき二人のJRおじさまが、
いかにもランチから駅に戻るところ、しーはー、という感じで歩いているところに遭遇。
これは、この先においしい定食屋か何かがあるに違いない!
あやしい! あやしいニオイがぷんぷんする! と探偵よろしく、
駅員さんたちが行ったであろうお店を探すことに。

P1080431.jpg
彼らが食べたのは、間違いなく、これです。
「心の味製麺」というつけ麺屋さんでした。けっこう有名みたい。
似たような味を他でも食べたことがあります。
魚介のダシのもと(たぶんかつおぶしとかにぼしとか)をパウダーにして
そのままスープにしているような食感です。確かに近所にあれば時々食べたい感じですかね。

朝ごはんをしっかり食べ、パンケーキを食べ、そして、つけ麺を食べて、
このときまだ14時であった…aikoお腹いっぱいの巻。

しかし、平井にはほかにも良さそうな居酒屋が何件かある。
気づけば、本気で賃貸住宅サイトで部屋を探しかけていた…
仕事が変わったら、勤務地によっては、ほんとにアリだと思うー。
ひとまずまた偵察に行ってみたいです。


posted by aiko at 22:56| Comment(2) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

遠出しなくても廃線散歩_武蔵境

今年のGWは、平日を二日とも休むこともできたけど、
人が少なく静かで、連絡もあまり来ない日をあえて出勤して、
溜まった仕事の片付けやら、フォルダの整理やら、こなそうと
aikoは遠出をしないことに決めました。

というわけで、普段、行けそうで行かない近場に行こう!と思い、
P1080469.jpg
本日はここ武蔵境からスタート。

中央線、高架の工事がほぼほぼ完了。
図書館を含む新しい公共施設「武蔵野プレイス」も建つ前は、なんだか問題が色々ありましたが、
できてみれば、市民の憩いの場となり、これだけ駅に近い公共施設も珍しく、
とてもにぎわっていました。
P1080471.jpg
さて、武蔵野プレイスを眺めたあとは、反対方向へ向かうaikoです。

背中が武蔵境駅、向こうが三鷹駅です。
この曲線道路、あやしいでしょう?

P1080473.jpg
そうです、廃線跡です。工部省の境界杭ハンティングの始まりです。

ここには、東京都水道局の専用線がありました。
P1080488.jpg
お隣り、三鷹駅にある武蔵野競技場廃線跡とも連結する支線もあったようですが、
今日は、水道局へ。

廃線跡は、ほとんどが遊歩道になっていて、とてもいい感じでした。
住民の通勤路になっているもよう。
P1080487.jpg
最初は、境界杭がたくさんありましたが、途中からはほとんどなくなりました。
国鉄管轄ではなかったのかも??

最後は多摩川上水にぶつかります。
向こう岸の柵のところが水道局。
P1080482.jpg
玉川上水に橋脚跡がありました。
ちょうどその延長線上に水道局の門がありましたが、名残りなのでしょうか。

日が落ちてきて、やぶ蚊が大量発生中のため、あまり長居はできず。
来た道を引き返しました。

こんな狭いところを、貨物船がトロトロと走っていたかと思うと
感慨深いのですが、当時はこんなに住宅も密集していなかったのかもしれませんね。

posted by aiko at 20:17| Comment(3) | 廃線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする