2016年04月24日

静かな余生_D51 296

やっぱり交通公園というものが気になり出して、
いろいろめぐってみたい気持ちが高まっています。

調べれば、全国に200ヶ所以上あるようです。

交通公園て、そもそも何なのかな?

調べれば、昭和30年代の「交通戦争」とやらに関係があるらしい。
この頃、乗用車が一般にものすごい勢いで普及して、
そりゃもう交通事故が起きるわ、起きるわ。交通事故による死者数が
日清戦争による日本人死者数を超えた、というんだから、こりゃ戦争ですわ。

そんな状況の中、よい子のみなさんに、正しい交通ルールを学んでもらうべく、
全国各地に国のお金でもって、次々と交通公園が作られたそう。

まあ、交通公園の話はまたにして。
P1070901.jpg
都電の続き。府中の、ここは交通「遊園」ですが、
かなりの数の交通公園には、SLの保存車両がありますね。

D51 296は、新潟、長野、東京、仙台、秋田、そして青森をぎゅんぎゅんと、
地球でいえば、約60周ほどして、引退なされた
それこそほかのSLの御多分にもれず、交通戦争の真っ只中を走り抜けたSLです。

P1070915.jpg
ここは、ちゃんと運転席に上がることができます。

P1070913.jpg
ハンドルがあるといいんだけど、やっぱりつけていたら、
どこかの悪い人が持って行っちゃうんだろうなあ。

P1070921.jpg
よい子は、そういうことしませんよ。

デゴイチさんの後ろには、たいへん珍しい子がいました。
P1070910.jpg
このEB101は、もともとは、AB10という国鉄初の蓄電池機関車だったものが、
電気機関車に改造されたのだそうです。
昭和2年のデビューから、44年もの長きにわたり、貨物輸送で活躍しました。

独特の凸型車両で、国鉄最小の電気機関車は、鉄道ファンに大人気、
と車歴に書いてありました。

P1070899.jpg
三輪車に乗り、交通ルールを学ぶ、よい子たちを見守りながら、
静かな余生を送るデゴイチさんとエビさんなのでありました。
posted by aiko at 21:30| Comment(3) | SL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

キミいずこ名駅舎

なんだか生きていくのに精一杯で、全然更新できず。
でも、精一杯目の前のことをしながら生きて行くしかない、
それが、東北大震災のときに、悟ったこと。今回も私にできることは
誠実に生きて行くこと、普通の生活を送ること、社会の平和は自分から、を実践すること。
それだけです。

P1080337.jpg
伊豆急の8000系に乗って、海風に吹かれてきました。

車窓から海を眺めながらの旅は、ずっと遠くまで来た気分が味わえます。
熱海までは快速アクティーです。

P1080338.jpg
名駅舎の来宮駅。かわいらしい三角かわら屋根です。
立派な駅なのですが、2013年より無人になりました。

P1080352.jpg
来宮駅より徒歩3分ほどのところにある來宮神社。
樹齢二千年を超える大楠があります。
大楠の周りを一周すると、1年寿命が延びるとか。
aikoは欲張りなので、反時計回りに一周し、「1年若返るぞー」。

長寿や無病息災、縁結び、そして、酒難にご利益があるそうです。
ああ、しかとお参りしなくては。

P1080307.jpg
こちらは熱海駅で出会ったアルファ・リゾート21。
今年の2月から7月までの期間限定塗装で、白くてかっこいいのです。
通常は、赤青白がもっと激しいトリコロールだそうです。

このかっこよさで、普通列車なのです。
posted by aiko at 19:42| Comment(3) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする